任意整理のデメリットとローンの関係

任意整理 デメリット ローン

任意整理のデメリットとローンの関係について解説しています。ローンには自動車ローン、住宅ローン、教育ローンと多くの種類があります。すでにローンを組んでいる方とこれからローンを組みたいと思っている方が、それぞれ任意整理をした場合どうすべきかをわかりやすく書いています。

任意整理の方法

任意整理 内容 支払い
任意整理とは、元金だけを3年から5年の長期分割返済することで今ある借金の完済を目指す債務整理手続きです。任意整理は他の債務整理とは違い、裁判所を通さず債務者(借主)と債権者(貸主)との話し合いで和解する手続きとなっています。

任意整理は誰でもできるものではなく、以下の3つの条件を満たす必要があります。

  • 月々の返済ができる収入があること
  • 長期返済ができること
  • 完済の意思があること

これらの条件を満たせば任意整理をすることができます。

任意整理の流れ

任意整理は以下の流れで手続きを進めていきます。

  1. 専門家に相談
  2. 弁護士、司法書士に電話相談をします。ホームページをよく見て債務整理に強い専門家を選ぶようにしましょう。

  3. 専門家と面談し、正式に依頼
  4. 任意整理の依頼をするときには必ず専門家の事務所に行くことになります。正式に任意整理の依頼をすると各債権者に受任通知が送付され、送付された債権者は依頼人に対して支払いの督促や催促ができなくなります。

  5. 依頼人の取引履歴と収支の確認
  6. 依頼人の債務の状況を整理し、必要生活費等を除いた収入とを照らし合わせ、返済期間や月々の返済額を決めていきます。

  7. 債権者との和解交渉
  8. 依頼人の代わりに専門家が債権者と直接和解交渉をしていきます。

  9. 債権者への返済
  10. 和解成立後、債権者への返済を再開します。

任意整理のデメリット

任意整理 デメリット
任意整理のデメリットには次のようなものが挙げられます。

  • 新たな借り入れができなくなる
  • キャッシングが利用できなくなる
  • 住宅ローンが組めなくなる
  • 自動車(マイカー)ローンが組めなくなる
  • 教育ローンが組めなくなる
  • クレジットカードの利用ができなくなる
  • 新たにクレジットカードを作れなくなる
  • スマホの分割購入ができなくなる
  • 弁護士、司法書士に依頼する任意整理費用がかかる

任意整理をするとブラックリストに載ります。(正確には個人信用情報機関に事故情報が掲載される。)ブラックリストに載ると借金やローン、クレジットカードなどの審査が通らなくなるのです。現金を借りられないのはもちろんですが、全額支払ってからでないとどの商品も手に入らないというのは痛手かもしれませんが「お金を返せない人にお金は貸せない」というのも仕方がありませんね。

今あるローン

もうすでに住宅ローン、自動車ローン、教育ローンを組んでいる方は、任意整理をすると家や車を失ってしまうのではと不安になりますよね。しかし、任意整理では整理する債権者を選べるため、ローン契約している債権者を任意整理の対象から外すことで今まで通り利用することができます。

今後のローン

任意整理後に住宅ローン、自動車ローン、教育ローンを組みたいと思う方もいらっしゃいますよね。ブラックリストの掲載は任意整理の依頼から最長で10年となっています。任意整理での返済中に少しでも頭金を貯めておこうと考えられるといいのではないでしょうか。

今すぐしたいローン

「10年も住宅ローンが組めないのでは新しい家はあきらめるしかないか」「どうしても新しい車が必要だが一括で購入できないからローンを組みたい」という方もいらっしゃるかと思います。ブラックリストはあくまで債務者本人だけの情報です。配偶者や家族には一切関係ないので、自分以外の家族名義で審査を受けることで住宅ローンや自動車ローンが組める可能性はあります。

任意整理のメリット

任意整理 メリット
任意整理のメリットには次のようなものが挙げられます。

  • 将来利息のカットと支払期限の延長により借金返済の負担軽減になる
  • 裁判所を通さずかんたんな手続きで債務整理ができる
  • 借金返済の中断ができ、債権者からの支払いの督促や催促も止まる
  • 住宅ローンや自動車ローンを任意整理の対象から外すことで家や車などの不動産を失わずに債務整理ができる
  • 家族や勤務先に知られるリスクがない

「個人再生や自己破産など他の債務整理は借金の減額や免除を目的としている分デメリットが多いが、任意整理は借金の返済が目的だからデメリットが少ない。」というのが実は一番大きなメリットと言えるかもしれません。

任意整理費用とおすすめ

任意整理 おすすめ 解決
任意整理を専門家に依頼するのには当然費用がかかってしまいます。任意整理費用を払えないからと任意整理をためらう方もいらっしゃいますが、受任通知が送付されてから返済を再開するまで3ヶ月から6ヶ月かかります。この間に任意整理費用を捻出することができるので、心配ありません。以下に弁護士と司法書士それぞれの費用相場を載せておきますので参考にしてください。

  • 弁護士費用相場 :債権者1社あたり4万円から6万円
  • 司法書士費用相場:債権者1社あたり2万円から4万円

弁護士と司法書士では基本的な業務に違いはありませんが、司法書士は債権者1社あたりからの借入額が140万円を超えている場合には、依頼を受けることができないので注意しましょう。

任意整理費用も安く債務整理に強いおすすめの専門家事務所をご紹介します。

まとめ

任意整理 電話 相談
債務整理をするにあたって、ローン契約のデメリットは大きく関わってくるかと思います。借金を任意整理でなんとかしたいけど、今あるローンや今後のローンで悩んでいるという方のお役に立てれば幸いです。

少しでも前向きな気持ちになれたなら、専門家に相談してみてください。必ずみなさんの強い味方になってくれますよ。